朝倉海、大みそかRIZINへ猛アピール「メインを任せてほしい」

0
426

今年の漢字を「挑」とした朝倉海

 「RIZIN.20」(31日、さいたまスーパーアリーナ)で、マネル・ケイプ(アンゴラ)とのRIZINバンタム級王座決定戦に臨む朝倉海(トライフォース赤坂)が12日、都内で練習を公開。元WBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志が代表を務めるトレーニングジムに週3回ほど足を運び、元世界王者から「日に日に良くなっている」と言われて自信を深めた鋭いパンチを披露。「ボクシングの技術が上がっている。試合を見てもらえれば分かる。軸がぶれなくなった。僕の試合で一年を締めくくらせてほしい。ぜひメインを任せてほしい」と訴えた。

 現時点で試合順が未確定とあり大トリへの抜擢を自らアピールした。前回辛勝したケイプとは約1年半ぶりの再戦になる。無敗の堀口恭司を秒殺した一戦で名を挙げた26歳は今年の漢字を「挑」とした。壁に立ち向かい、挑み続ける男は年末の大一番へ「僕の方が間違いなく強くなっている。だから問題ない。普通にやれば勝てる」と意気込んだ。