最終組が前半終了 鈴木は5位、申は23位 渋野は10番終了で17位

0
393

1番、ティーショットを放つ鈴木愛

◆女子プロゴルフツアー メジャー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯(28~12月1日、宮崎CC=6535ヤード、パー72)

 賞金女王が決定する最終決戦がスタートした。賞金ランク1位の鈴木愛(25)=セールスフォース=は前半9ホールを終え、1アンダーで首位と3打差の5位につける。

 同2位の申ジエ(31)=韓国=は2オーバーで23位。同3位の渋野日向子(21)=RSK山陽放送=は10ホールを終えて1オーバーの17位となっている。

 15ホールを終えたテレサ・ルー(台湾)が4アンダーで首位。3アンダーでホールアウトした19歳の古江彩佳が3アンダーで2位につける。今大会は今季のツアー優勝者や賞金ランク上位者の32人が出場している。