【チャンピオンズC】ゴールドドリーム活気十分

0
455

一昨年の勝ち馬ゴールドドリームは坂路4ハロン50秒9を馬なりでマーク。調教評価は最高の『S』だ

 一昨年の覇者ゴールドドリームがド迫力デモを敢行した。坂路単走で、4ハロン50秒9-12秒3の好時計を馬なりでマーク。先週(CW6ハロン81秒0)に続いて活気ある走りを披露し、調教評価は最高の『S』となった。

 平田調教師は「前回(南部杯3着)は攻めているつもりでも少しずつ軽かったかもしれないが、今回はきっちり攻められている。(時計がかかる)後半(の時間帯)だったことも考えれば、申し分のない動き」と仕上がりに自信を見せる。