松鳳山、連日の“激しすぎる”相撲を元小結・旭道山が絶賛「会場が沸き、記憶に残る相撲」

0
532

佐田の海に激しく張る松鳳山

<大相撲九州場所>◇三日目◇12日◇福岡国際センター

 前頭八枚目・松鳳山(二所ノ関)の鬼気迫る取組をAbemaTVで解説を務めた元小結・旭道山が「会場が沸き、記憶に残る相撲」と絶賛した。

【映像】鬼気迫る松鳳山に旭道山「会場が沸き、記憶に残る相撲」

 松鳳山の三日目の相手は同じく前頭八枚目の佐田の海(境川)。立ち合い鋭い出足で当たった松鳳山に対して、左からいなした佐田の海。しかし次の瞬間、松鳳山の鋭い右の張り手が佐田の海の頬を捉えると「パチーン」と乾いた音が響き、館内にはどよめきが起こった。

 その後も数発、張り手を繰り出した松鳳山は佐田の海がバランスを崩したところを狙い澄まして右からのはたき込み。佐田の海を土俵の下に転がした。

 松鳳山は前日二日目にも前頭七枚目の剣翔(追手風)とバチバチの激闘を繰り広げており、その様子を見た旭道山は「いい相撲でしたね。勝った負けたじゃない」と切り出すと「敢闘精神に値するが、品格には値しないと私もよく言われたが、会場のざわめきを見てください。記録じゃなくて記憶に残る相撲です」と興奮気味に話した。(AbemaTV『大相撲チャンネル』より)