ジョコビッチ 4年ぶり5度目のパリ・マスターズV、20歳シャポバロフの挑戦退ける<男子テニス>

0
372

優勝を果たしたノヴァーク・ジョコビッチ[写真/ゲッティイメージズ]

ロレックス・パリ・マスターズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は3日、シングルス決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク28位のD・シャポバロフ(カナダ)を6-3, 6-4のストレートで破り、2015年以来4年ぶり5度目の優勝を果たした。

【ジョコら 最終戦初出場確定 8選手出揃う】

この試合の第1セット、ジョコビッチはミスを連発するシャポバロフを攻め立て第2ゲームでブレーク。サービスゲームではファーストサービスが入ったときに85パーセントの高い確率でポイントを獲得するなど、1度もブレークチャンスを与えることなく先行する。

第2セットに入ってもフォアハンドのカウンター・ショットなどで主導権を渡さなかったジョコビッチは、第7ゲームでブレークに成功すると、そのリードを守り勝利した。

一方、敗れた20歳のシャポバロフは、カナダ人選手初の「ATPマスターズ1000」タイトル獲得とはならなかった。